高品質ソフトウェアの開発方法: テスト重視のソフトウェア開発による品質向上

企業は毎年、主要目標の達成に向かって尽力します。目標は、品質目標などのメトリクスベースの業績目標によって達成される場合もあれば、ベ ストプラクティスに従ってビジネスプロセスを合理化することで達成される場合もあります。最終的に、これらの目標が企業に与えた影響を評価する には、何らかの形のテストとレポート作成が必要となります。抜け目ない従業員ならば、自分が評価される前に評価項目を確認するでしょう。しかし、 新しいソフトウェア製品の開発となると、テストに関する目標の定義が見過ごされがちです。

企業が物理的な製品を設計する場合は、製造プロセスと、各完成品の自動テストの設計にかなりの時間が費やされます。製造やテストを効率化で きない製品を設計する人はいないでしょう。製造やテスト上の問題は、設計が完了する前に解決されます。経済的かつ一貫して製造できない設計 は役に立ちません。

ソフトウェアの開発に同じ手法を取るとどうなるでし う。たとえば、ソフトウェアシステムの設計を始める際に、ソフトウェアの「製造」と「テスト」をで きるだけ効率化する方法を考えたとします。これにより、高品質のソフトウェア製品と、製品のライフサイクルにわたって高品質を保つためのプロセ スが実現されます。

Public