ベースラインテスト: レガシーコードベースの技術的負債を減らす秘訣

ソフトウェアはかつて、メンテナンスがほぼ不要(つまり、一度作られたら何度でも使える製品)という意味で「究極の製品」と思われていました。一定 の時期が過ぎたらメンテナンスや交換が必要な機械部品とは違い、ソフトウェアは摩耗や故障の心配が要らないと考えられていたのです。果たし てソフトウェアはそうでしょうか。おそらく理論上はそうでしょう。

しかしながら、ソフトウェアにも問題が生じ始めました。根本的な原因は、正しい品質管理プロセスを導入せずにソフトウェア開発を続けたことです。 その一般的な理由は、特定の日に新製品をリリースするというビジネス上の大きなプレッシャーがあるためです。そのため、レガシーソフトウェアア プリケーションは大量の技術的負債を抱えています。技術的負債とは、システムのアーキテクチャー構築、設計、または開発時に組み込まれてし まった潜在的欠陥を意味する比喩表現です。

技術的負債を減らす秘訣は、コンポーネントのリファクタリング(外部動作/API を変更せずにアプリケーションコンポーネントを再構築するプロセス) を継続的に行うことです。ところが開発者は既存の機能が壊れるのを恐れて、あまりリファクタリングをしたがりません。大きな障害の1 つは、既存 の動作を正式化するテストがないこと、つまり安易にテスト環境を実行して、コンポーネントの動作が正しいとみなしてしまうことです。リファクタリン グを行わないと、アプリケーションのコードが複雑になりすぎ、メンテナンスが難しくなります。新機能やバグ修正を既存の機能に加えると、元の設 計のシンプルさが失われがちです。